捕獲・駆除対象の黒鼠

キストテ業者の利用

害獣駆除の業者なら自治体に認可を貰っていますから、いつでもイタチを駆除でします。
そして専門業者ですから、天井裏でも床下でもどこにいても捕獲して駆除してくれます。
そして捕まえた後は業者の方で処分してくれるから、わずらわしいことは無く、捕獲されていなくなればそれで終わりです。

イタチを追い払えるなら、追い払えばいいけど、それが出来ない時は害獣駆除の業者に頼むことです。
害獣駆除の業者ならどこに逃げても必ず捕獲して駆除してくれますから安心です。

捕獲・駆除対象のネズミと餌

キストテイタチは害獣駆除に

イタチは家や店舗の屋根や床下に住み着いて人間に害を及ぼす場合が有ります。
ただ住み着くだけではなく天井を走り回って騒音を出すだけではなく、巣を作って繁殖したり糞尿をしてそこに雑菌やハエが集まったり悪臭がしてきます。
さらに天井の場合はイタチの糞尿で天井板が腐って落ちる場合が有ります。
それでイタチの被害を防ぐ為に、害虫用や害獣用の忌避剤を撒いて、入って来ないようにしたり、侵入口を何らかの物で防いだりします。
しかし範囲が広いと忌避剤は効果が薄れるし、侵入口を塞ごうにも多き場所や床下は塞ぎきれません。
だからイタチを捕獲する方が効果的です。

ただ捕獲をしようと捕獲器を用意して、捕まえらればいいけど捕まらなかったり、捕まえても処分に困ります。
さらにイタチは野生動物ですから狩猟期間外に捕まえることは、自治体の有害鳥獣駆除の認可が必要になってきます。
だから害獣駆除の業者に捕獲を頼むことです。

捕獲・駆除対象のネズミと飾り

キストテイタチ捕獲と害獣駆除

害獣駆除というのはイノシシ、カラス、ニホンザル、シカ、クマ、キツネ、イタチ等が農林水産物を食害・悪戯・人間を襲うなどの害をなす動物を駆除することです。

害獣駆除に関して、動物も必死で生きていて殺すのは可哀想だという意見もあり理解もできます。
農作物が収入源になっている立場から考えると害獣駆除は考えなければなりません。

イタチは雑食性で比較的なんでも食べるのが特徴です。
イタチの特徴として床下や天井裏に棲み付き、繁殖し、悪臭や騒音被害が問題となっています。
垂直の壁を登ることができ、3cm程の隙間があれば通り抜けることができます。
忌避剤などのニオイで対策することも出来ますが、ニオイに慣れてしまうと効果がなくなります。
捕獲は捕獲器具(罠)を使用するのが一般的です。
捕獲器具に魚や鶏肉、から揚げなどを仕掛けます。
一匹入ったとしても、まだ足音が聞こえる様だったら、継続して捕獲器をしかけます。
捕獲した後は山などに逃がしに行くのが適当な自治体が多いです。
住んでいる自治体で確認してください。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031